【投資超初心者用】つみたてNISA

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

これまで、投資信託のメリット・デメリット、2種類の運用方法について説明していきました。

証券会社で証券口座さえ作れば、投資信託を購入して運用することは可能です。

しかし、忘れてはならない制度があります。

それがつみたてNISAです。

今回は、投資超初心者がオススメしたいつみたてNISAの制度について説明していきます。

つみたてNISAってなに?

 つみたてNISAとは、

  • 少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度
  • 毎年40万円を上限として国が定めた基準を満たした投資信託に積立投資が可能
  • 投資をした年から最長20年間の間に得た分配金と売却益(譲渡益)が非課税
  • 非課税で投資できる総額は最大800万円(年間40万円×20年)

という、税金を免除してあげるから、みんな投資しましょうよ!という制度です。

実は投資信託で売却時や満期時、分配金発生時に利益が確定した場合、利益の

  • 15%が所得税
  • 5%が住民税
  • 0.315%が復興特別所得税

の合計20.315%の税金を支払う必要があります。

その20.315%の税金が免除される制度がつみたてNISAです。

もしつみたてNISAを使わずに、一般口座や特定口座で投資信託をしていると、利益が出ても20.315%は税金として持っていかれます。

なので証券口座を作る際には、つみたてNISA用にNISA口座も一緒に作ることを強くオススメします。

つみたてNISAの注意点

つみたてNISAで知っておいてほしい注意点も説明しておきます。

年間投資上限額

先程、年間最大40万円と説明しましたが、投資用の資金が毎年40万円も準備できない方は、年間100円でも、1万円でも、10万円でもつみたてNISAでの投資が可能です。

ただし、上限額を使い切れなかった分の金額を翌年に持ち越せないので注意が必要です。

たとえば、2020年の年間投資額が1万円の場合、残りの39万円を2021年に持ち越して、79万円分をつみたてNISAで投資はできません。2021年につみたてNISAで投資できるのは40万円までです。

一般口座・特定口座からの移管ができない

既に一般口座・特定口座で投資信託で投資を始めている場合、投資金額をNISA口座に移管して年間40万円の上限可能額に充てられません。必ずつみたてNISA用に投資信託を購入する必要があります。

たとえば、2020年に特定口座でファンドAに38万円投資していた人が、つみたてNISA上限金額を使い切る前にあわてて38万円をNISA口座に移し替えることは出来ません。上限金額を使い切るには2020年中にファンドAを40万円購入しなければなりません。

NISA口座は1人1口座まで

残念ながらNISA口座は1人1口座までです。2口座作って、1口座をつみたてNISA用に、もう1口座をNISA用にすることは制度上不可能です。

NISA口座の金融機関変更は1年に1回まで

ネット証券でNISA口座を作ったんだけど、やっぱり地元の地銀に変更したい!という場合、1年に1回なら変更は可能です。

1年のうちに、ネット証券⇒地銀⇒都市銀、のような変更はできません。

NISAとつみたてNISA

NISA口座を作ったとき、投資方法を、NISAにするのか、つみたてNISAにするのか、2つの選択肢があります。

どちらも投資で得た利益に対する非課税制度であるという点に変わりはないのですが、上限額、投資期間、対象商品など異なる点もあるので比較してどちらが自分の投資目的にあうのか確認は必要です。

NISA制度を使いながら、株主優待をもらいたかったり、個別株の値上がりによる投資信託以上の利益を狙いたかったりする場合には、つみたてNISAではなく、NISAの方が合っていると言えます。

f:id:Liverpo_ro_2:20201015175014p:plain

投資超初心者ならどっち?

投資超初心者のわたしが投資超初心者にオススメするならつみたてNISAです。

理由は、

  • 対象投資商品が国が定めた基準を満たした投資信託のみ
  • 少額から積立可能(楽天証券ならひと月100円も可能)
  • 年間投資上限額40万円による投資しすぎの防止

にあります。

つみたてNISAの対象投資商品は、やらたと手数料が高かったり、毎月配当金が出るような怪しい投資信託商品は除外してあります。本当に投資初心者が安心して購入できるような投資信託商品を国(金融庁)が選定しています。

また、NISAでもできなくはないのですが、100円積み立ても可能です。わたしも8月中は1日100円投資をしておりました。投資に慣れてくれば、上限額内で積立額を増やすことも可能です。

投資超初心者のうちから、NISAのように個別株に120万円をスポット購入(一度に120万円を投資する)するのは賢い選択肢とは言えないと考えています。うまくいけば値上がりしますが、値下がりしてしまったら取り返しがつきません。年40万円までをコツコツ積み立てていく手法はドルコスト平均法(のちのちこの手法に関する記事も書く予定です)に則った手法であり王道の投資手法とも言えます。

まとめ

今回はつみたてNISAについて説明していきました。

税金を免除してくれる国の太っ腹制度であることは間違いないですよね!

これから投資を始めようと思っていらっしゃる方は、是非つみたてNISAでの投資も検討してみてください。

最後に、投資信託は金融商品であり、リスクのある商品です。投資判断は自己責任で!

この記事が投資を始めたい人の参考になればうれしいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資知識投資
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました