【おすすめファンド】eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

これまで投資信託、つみたてNISAについて説明していきました。

今回は、わたしもつみたてNISAで投資しているeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)について説明していきたいと思います。

eMAXIS Slim シリーズ

三菱UFJ国際投信という日本の大手運用会社がリリースするeMAXIS Slim シリーズには、

  • 米国株式(S&P500)
  • 全世界株式(オール・カントリー)
  • 全世界株式(除く日本)
  • 全世界株式(3地域均等型)
  • 先進国株式インデックス
  • 新興国株式インデックス
  • 国内株式(TOPIX)
  • 国内株式(日経平均)
  • バランス(8資産均等型)
  • 先進国債券インデックス
  • 国内債券インデックス
  • 先進国リートインデックス
  • 国内リートインデックス

13種類のファンドがあり、投資家の投資目的に合わせた商品が用意されています。

13種類のうち、太字の9種類がつみたてNISA対象です。つまり、9種類は国が定めた基準を満たしているファンドということです。

また、そのうち赤太字の7種類が”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019”を受賞しているファンドです。

eMAXIS Slim シリーズ自体が業界最低水準の運用コストを目指しているシリーズであることも人気の一因かもしれません。事実、手数料はどのファンドも安いです。

国からのお墨付きもあって、投資信託をしている投資家にも人気のファンドが揃っています。超投資初心者なら要チェックのシリーズですね!

eMAXIS Slim 米国株式  (S&P500)とは?

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)は、アメリカの代表的な株価指数であるS&P500との連動を目指すパッシブ運用のファンドです。

S&P500は、ニューヨーク証券取引所、NASDAQなどにに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される株価指数のことで、構成銘柄にはグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトなど超有名企業が多く含まれています。eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)を購入することで、グーグルやアップルなどにも投資をしていることになります。

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の構成銘柄上位10社(2020年9月30日現在)は、以下のようになっていて、上位6銘柄までが、グーグル(アルファベット)、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトで占められています

f:id:Liverpo_ro_2:20201016182756p:plain

1980年からのS&P500の推移を見ていくと、現在に至るまでいくつか大きく下落した時期もありますが、ずっと上昇傾向をキープし続けています。特に2008年のリーマンショック以降の伸び率はすごいです。直近では、コロナウイルスに起因する急落もありましたが、急落前の水準もしくはそれ以上になっていますね。おそるべしS&P500!今後もアメリカが、先進国で唯一といっていい人口増加国であることと、株主重視の文化が根強いため、アメリカの個別株や株価指数は伸びることが期待されています。

f:id:Liverpo_ro_2:20201016183401p:plain

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の運用状況(2020年9月24日現在)も見ていきましょう。リターン(年率)が直近3カ月/6か月のリターン(期間)を1年間だった場合を想定して計算したものになります。今年はコロナウイルスの影響もあり、このファンドの基準価額も一時下がってまた上がってきた状況なので、少し特殊な状況下にはありました。それでも直近1年間のリターン率は9.82%です。リターンが4%、5%でもよい方と言われるので、この数字はかなり素晴らしいです。

f:id:Liverpo_ro_2:20201016184948p:plain

過去の記事でも言及しましたが、このファンドは手数料(0.0968%)が安いのも魅力的です。eMAXIS Slim シリーズの中では最も安い手数料のファンドです。

利益をいっぱい生み出してくれるのにも関わらず、投資家から手数料をあまり取らない素晴らしいファンドです。

まとめ

今回は、eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)がどのようなファンドであるのか説明してきました。特徴を再度まとめていくと、

  • つみたてNISA対象
  • アメリカの代表的株式指数S&P500に連動
  • S&P500の構成銘柄はアップルやグーグルなど世界有数の企業ばかり
  • S&P500自体は2008年のリーマンショック以降も上昇傾向を維持
  • 直近1年のリターン率は9.82%
  • 手数料は0.0968%と驚異の安さ

と結構いいことづくめのファンドであることに間違いはないかと思います。このファンドを持っているだけでアップルやグーグルの株主気分を味わえるのもなんだかうれしいです(単なる個人的な感情です)。

これから投資を始めようと思う人、これからつみたてNISAを始める人にとってこの記事が参考になればうれしいです!

最後に、投資信託は金融商品であり、リスクのある商品です。投資判断は自己責任で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資投資信託
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました