【おすすめファンド】eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

これまで

  • eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)

について説明していきました。どちらも手数料が安く、パフォーマンスに優れたファンドです。

今回は、同じeMAXIS Slimシリーズにある全世界株式 (除く日本)について説明していきます。全世界株式(オール・カントリー)との違いについても触れていこうと思います。

ちなみに全世界株式(除く日本)も、わたしがつみたてNISAで投資をしているファンドの一つです。

eMAXIS Slim シリーズ

三菱UFJ国際投信という日本の大手運用会社がリリースするeMAXIS Slim シリーズには、

  • 米国株式(S&P500)
  • 全世界株式(オール・カントリー)
  • 全世界株式(除く日本)
  • 全世界株式(3地域均等型)
  • 先進国株式インデックス
  • 新興国株式インデックス
  • 国内株式(TOPIX)
  • 国内株式(日経平均)
  • バランス(8資産均等型)
  • 先進国債券インデックス
  • 国内債券インデックス
  • 先進国リートインデックス
  • 国内リートインデックス

13種類のファンドがあり、投資家の投資目的に合わせた商品が用意されています。

13種類のうち、太字の9種類がつみたてNISA対象です。つまり、9種類は国が定めた基準を満たしているファンドということです。

また、そのうち赤太字の7種類が”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019”を受賞しているファンドです。

eMAXIS Slim シリーズ自体が業界最低水準の運用コストを目指しているシリーズであることも人気の一因かもしれません。事実、手数料はどのファンドも安いです。

国からのお墨付きもあって、投資信託をしている投資家にも人気のファンドが揃っています。超投資初心者なら要チェックのシリーズですね!

今回説明していくeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)もつみたてNISA対象のファンドです。

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)とは?

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)は、 アメリカのMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社が提供するMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)と連動したパッシブ運用のファンドです。日本を除いた先進国・新興国の株式2,671銘柄に分散投資が可能です。

前々回説明したeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)が米国企業500銘柄、前回説明したeMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)が先進国・新興国企業2,991銘柄なので、eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)も全世界株式(オール・カントリー)と同様、広範囲の企業に分散投資をこのファンド1本で可能というイメージです。

資産構成のうちほとんどがアメリカをはじめとする先進国株式(84.5%)です。また米国株式が全体の60.7%を占めているファンドです。全世界株式(オール・カントリー)の米国株式比率が56%程度なので、全世界株式(除く日本)の方が比率は高めです。

次に先進国株式上位5銘柄と新興国株式上位5銘柄の構成を見ていきます。先進国株式上位5銘柄はGAFAM(グーグル=アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)が占めています。新興国株式上位5銘柄中3銘柄は中国企業、残り2銘柄はTSMCとサムスンといったスマホ・半導体関連の企業が構成されています。しっかりと勢いのある企業に比重を置いた構成になっています。

結局のところ、全世界株式(除く日本)は、全世界株式(オール・カントリー)から日本株を除外しただけとイメージでいいと思います。

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の運用状況

日本株のない全世界株式(除く日本)と日本株のある全世界(オール・カントリー)とで運用状況(2020年9月24日現在)がどのように変わるのか見ていきます。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の直近1年間のリターン率は6.29%です。eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の直近1年のリターン率が6.09%なので、ほぼ変わらないです。リターンが4%、5%でもよい方と言われるので、全世界株式(除く日本)のリターン率もかなり優秀です。手数料0.1144%は、投資信託ファンドの中では非常に安い部類なので、投資超初心者でも手の出しやすい設定になっています。

まとめ

今回は、eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)がどのようなファンドであるのか説明してきました。特徴を再度まとめていくと、

  • つみたてNISA対象
  • 日本/先進国/新興国株式の約2600銘柄に分散投資が可能
  • 構成株式の半分以上は米国株式
  • 構成銘柄はアップルやグーグルなど世界有数の企業多数
  • 直近1年のリターン率は6.29%
  • 手数料0.1144%

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)との違いとしては、

  • 全世界株式(除く日本)⇒ 日本株なし
  • 全世界株式(オール・カントリー)⇒ 日本株あり
  • 米国株式比率は全世界株式(除く日本)の方が多い(除く日本:61%、オール・カントリー:56%)
  • 現時点でのリターン率は全世界株式(除く日本)の方が高い(除く日本:6.29%、オール・カントリー:6.09%)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)との共通点は、

  • つみたてNISA対象
  • 構成銘柄はアップルやグーグルなど世界有数の企業多数
  • 手数料0.1144%

正直、大きな違いは日本株の有無なのですが、リターン率といい手数料といいお互い大きな差はないので、投資超初心者にとっては決め手に欠くような差しかないと言えます。実際に私も毎日同じ金額をこの2つのファンドに投資していますが、パフォーマンスで大きな差は出ていません。

ですので、どちらかに決めて集中投資したい方は、日本株と米国株の将来性を天秤にかけてみるのもよいかもしれません。例えば、

  • 日本株の将来性に投資 ⇒ オール・カントリー
  • 米国株の将来性に投資 ⇒ 除く日本

という風に自分なりの投資基準で選んでみてはいかがでしょうか?

これから投資を始めようと思う人、これからつみたてNISAを始める人にとってこの記事が参考になればうれしいです!

最後に、投資信託は金融商品であり、リスクのある商品です。投資判断は自己責任で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資投資信託
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました