リヴァプール投資 ~11月試合結果~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

リヴァプールが勝つと資金を積み立てて投資していこうという”リヴァプール投資”を始めています。まだ投資対象が決まっていないのですが、積立金は勝利すると貯まっていくシステムなので、1試合ずつ振り返りながら積立金を計算していきます。10月までの全11試合で7,000円貯まっています。

リヴァプール投資ルール

基本的にリヴァプールが勝利した場合にのみに投資額を拠出しようと思います。つまり、引き分けたり、負けたりしたら拠出金は0円です。

1試合毎の拠出金は以下の通りにします。

  • 勝利:500円
  • ゴール:100円/1ゴール
  • クリーンシート(無失点):300円
  • ハットトリック:500円/1人

例えば、3対0(ハットトリック有)で勝利した場合、

  • 勝利:500円
  • ゴール:300円(3ゴール)
  • クリーンシート:300円
  • ハットトリック:500円

合計1,600円を勝利後、投資用に拠出していくルールです。

近年、リヴァプールは強くなってきているので、拠出金も結構な額いきそうな気がしています。拠出できるか心配ですが、リヴァプールが勝つのはよいことなのでうれしい悲鳴として捉えていきます。

11月試合結果

11月は代表戦ウィークがあったので、プレミアリーグ4試合、チャンピオンズリーグ2試合がありました。にしても試合数多いですね。。。クロップ監督がプレミアリーグの選手交代枠を3人から5人に変更するよう訴求する気持ちはよく分かります。いまのリヴァプールはケガ人が多すぎますからね。

12試合目(11/1):ウエストハム (プレミアリーグ)

このウエストハム戦最大の見どころは、ファンダイクの代わりにセンターバックに入ったファビーニョまでもがミッテラン戦で負傷したので、その代わりに入ったナサニエル・フィリップスの出来です。今のままのセンターバックで今後も持つのか不安でしかないです。試合内容自体は、開始早々先制されるもサラーとジョッタのゴールで勝ち越して勝利。ジョッタの好調さが目立ちますね!

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:200円(2ゴール)

で合計700円。積立投資拠出金は7,700円。

13試合目(11/4):アタランタ (チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ3戦目の相手はイタリアのアタランタ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでは初出場ながらベスト8を達成する、セリエAのチームの中でも攻撃的な勢いのあるチームのイメージです。この試合のセンターバックにはリース・ウィリアムズが入りました。19歳と若いセンターバックで実戦経験も少なく、不安に思っていました。しかし、その不安とは裏腹に5-0の大勝!ジョッタのハットトリックのおまけつき。本当にジョッタの好調さには目を見張るものがあります。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:500円(5ゴール)
  • クリーンシート:300円
  • ハットトリック:500円(ジョッタ)

で合計1,800円。積立投資拠出金は9,500円。

14試合目(11/9):マンチェスターシティ (プレミアリーグ)

いまプレミアリーグを代表する2チームになったリヴァプールとマンチェスターシティ。昨シーズン1位と2位チームの試合。開始早々PKで先制するも、前半のうちに同点にされ、そのまま引き分けでした。マンチェスターシティがPKを得るも、失敗したため少しラッキーな勝利でした。両チームが攻守のバランスをとっていたような戦術を取っていたため、後半はなかなかチャンスが少ない試合になりました。特にフィルミーノが途中交代してからは、リヴァプールにとってはボールすらなかなか持てない時間が続いていたため、試合前フィルミーノ不要論も出ていましたが、改めてフィルミーノの必要性に気付いた試合にもなりました。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は9,500円のまま。

15試合目(11/23):レスター (プレミアリーグ)

代表戦ウィーク最初の試合はレスター。中堅クラブのような扱いのレスターですが、15/16シーズンには奇跡の優勝を果たしました。昨シーズン5位とビッグクラブを脅かすような実力を持った油断ならないのチームです。代表戦ウィーク中にはセンターバックのジョーゴメスがケガにより戦線離脱したため、リヴァプール不利との予想もありました。ところが、いざ試合になると、リヴァプールの攻守が非常に安定しており、最後まで安心して観られる内容となりました。特にフィルミーノは後半、再三チャンスがありながらゴールできていなかったので、3点目のゴールはファンとしても嬉しかったです。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:300円(3ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計1,100円。積立投資拠出金は10,600円。

16試合目(11/26):アタランタ (チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ4戦目の相手はイタリアのアタランタ。前回のアウェーでは5-0と大勝した相手です。その相手にスタメンを大幅変更して臨んだのですが、今回は0-2の敗戦。ホームで負けるのも珍しいのですが、枠内シュート0本というのも珍しい試合でした。今回勝てば決勝トーナメント進出が決まる可能性もあったのですが、負けたことにより決勝トーナメント進出条件がややこしいことになりました。あと2戦2連勝すれば何も問題ないのですが、次戦のアヤックス戦の結果が非常に大事ですね。

今回は敗戦なので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は10,600円のまま。

17試合目(11/28):ブライトン (プレミアリーグ)

リヴァプールファンからすると、この試合のMOMはVARにする人が多いかもしれません。そのぐらいVARが試合を通してリヴァプールにとっては不利(2回のゴール取り消しと終了間際のPK判定)に働くことが多い試合でした。VARがリヴァプールにとって有利に働くこともあるので、今回の試合がアンフェアだとは言わないですが、VAR導入により釈然としない試合が増えているような気もします。エヴァートン戦といいオフサイド判定が特に気に食わないですね。。。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は10,600円のまま。

12月試合予定

12月はプレミアリーグ6試合、チャンピオンズリーグ2試合の計8試合。多いですね。。。チャンピオンズリーグ2試合は決勝トーナメント進出が決まる大事な試合ですし、プレミアリーグのウルヴス戦(12/7)、スパーズ戦(12/17)といった苦戦が予想される試合もあります。それだけに楽しみが多いですが、これ以上ケガ人が出ないよう祈りたいですね。

投資対象選定状況

これまでの記事の中で、投資信託やETFのファンドを調べてきましたが、今のところETFへの投資を検討しています。候補としては、

  • VOO (S&P500指数連動型)
  • VYM (高配当)
  • QQQ (ナスダック100指数連動型)
  • QCLN (ナスダック×クリーン・エネルギー)

です。もう一つ候補になっている米国個別株についても今後気になる企業の記事を書きつつ、12月中に投資を開始しようと考えています。ですが、個別株は資金面で不足することを予想しているので、とりあえずETFで米国株投資に慣れようかと思っています。調べれば調べるほど早く投資したくなりますね。今後も投資額を増やしていきたいので、リヴァプールには是非とも勝利を重ねてほしいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リヴァプール試合結果リヴァプール
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました