リヴァプール投資 ~12月試合結果~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

リヴァプールが勝つと資金を積み立てて投資していこうという”リヴァプール投資”を始めています。まだ投資対象が決まっていないのですが、積立金は勝利すると貯まっていくシステムなので、1試合ずつ振り返りながら積立金を計算していきます。

リヴァプール投資ルール

基本的にリヴァプールが勝利した場合にのみに投資額を拠出しようと思います。つまり、引き分けたり、負けたりしたら拠出金は0円です。

1試合毎の拠出金は以下の通りにします。

  • 勝利:500円
  • ゴール:100円/1ゴール
  • クリーンシート(無失点):300円
  • ハットトリック:500円/1人

例えば、3対0(ハットトリック有)で勝利した場合、

  • 勝利:500円
  • ゴール:300円(3ゴール)
  • クリーンシート:300円
  • ハットトリック:500円

合計1,600円を勝利後、投資用に拠出していくルールです。

近年、リヴァプールは強くなってきているので、拠出金も結構な額いきそうな気がしています。拠出できるか心配ですが、リヴァプールが勝つのはよいことなのでうれしい悲鳴として捉えていきます。

12月試合結果

12月はプレミアリーグ6試合、チャンピオンズリーグ2試合の計8試合。

18試合目(12/2):アヤックス (チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ5戦目の相手はオランダ名門のアヤックス。前節アタランタ戦の敗戦で2位/3位のアヤックス/アタランタと勝ち点2差と縮まったため決勝トーナメント進出のために是が非でも勝ちたい一戦でした。しかし試合開始前に不動のゴールキーパーであるアリソンの負傷離脱が発覚。。。またケガ人発生ですね。代わりのゴールキーパーはアドリアンかと思いきや、まさかのケレハー!!試合内容は、思いの外ケレハーの安定感による無失点とカーティス・ジョーンズのチャンピオンズリーグ初得点により1-0の勝利!最終戦を待たずして首位通過を決めました!!

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:100円(1ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計900円。積立投資拠出金は11,500円。

19試合目(12/7):ウルヴス (プレミアリーグ)

難敵ウルヴスとの一戦。リヴァプールはウルヴスに対して苦手意識はないと思っているのですが、ウルヴスは実力のあるチームで、前節アーセナル戦で勝利したり、昨シーズンはマンチェスターシティにシーズンダブルを達成したりするなどなかなか侮れない相手です。正直なところ苦戦を予想していましたが、4得点とクリーンシートと結果だけ見ると快勝といえる一戦でした。特に4点目のオウンゴールは、ケガから復帰したてのアーノルドの低空クロスが招いた1点でもあり、ケガ人が続出するリヴァプールには貴重な戦力の復帰を感じさせてくれました。主力にケガ人が多いということはあまりいいことではないのですが、ここ最近ジョーンズ、ネコ・ウィリアムズ、ケレハーといった若手に出場機会が回ってきて実戦経験を積めるのは悪くないと思いますね。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:400円(4ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計1,200円。積立投資拠出金は12,700円。

20試合目(12/10):ミッテラン (チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ6戦目の相手はデンマークのミッテラン。5戦目で決勝トーナメント通過を決めていたため、主力メンバーを温存させて臨んだ一戦でした。南野を含め、控え組はアピールする絶好の機会でした。試合内容は、サラーの前半開始早々の1点以降はなかなか追加点の遠い試合展開となってしまいました。結局は相手のPKで追いつかれてしまいそのまま試合終了。終了間際の南野がゴールしたかに見えましたが、VARでノーゴール判定。決まっていれば南野にとってもアピールできたのですが、なんとも後味の悪い試合となってしまいました。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は12,700円のまま。

21試合目(12/14):フラム (プレミアリーグ)

今季21試合目は昇格組のフラム。なんとなく昇格組には苦戦してしまう印象のリヴァプールです。試合内容は印象通り、前半は相手に押し込まれる展開。GKアリソンのビッグセーブ連発がなければもう3点ぐらい入ってもおかしくない内容でした。後半は本職CBゼロ人という見たこともないメンバーでの戦いでしたが、攻撃のチャンスがむしろ増えた結果、なんとか獲得したPKをサラーが決めて引き分けに終わりました。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は12,700円のまま。

22試合目(12/17):スパーズ (プレミアリーグ)

首位攻防戦となった2位リヴァプールと首位スパーズの一戦。特にこの節では、シティとチェルシーが勝ち点を落としていたため、ライバルとの差を広げるために是が非でも勝ちたい試合の一つです。守備を固めてハリーケインとソンフンミンのカウンター狙いのスパーズの試合プラン通りの試合展開となりました。前半中盤にリヴァプール先制するものの、数分後スパーズののカウンターによる1点で同点のままスコアが最終盤まで動かない展開。このまま同点と思いきや、フィルミーノのコーナーキックからのヘディングで勝ち越し。そのまま試合終了となりました。久々の勝利と首位奪取に朝からいい気分にさせてもらいました。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:200円(2ゴール)

で合計700円。積立投資拠出金は13,400円。

23試合目(12/19):クリスタルパレス (プレミアリーグ)

アウェイ、セルハースト・パークの一戦となったクリスタルパレス戦。この試合では南野が先発しており、結果を残したい一戦でもありました。しかも12/19は南野のリヴァプール加入日。何か期待してしまう気持ちもあったのですが、その期待に前半開始早々応えてくれました!開始3分にゴール!これがプレミアリーグ初ゴールとなりました。ファンとしてはようやくといった感じです。その後はスパーズ戦から中二日の疲れを感じさせない7-0での圧勝!プレミアリーグのアウェイでここまで点を取ったのはあまり記憶にないぐらいの得点数でした。このまま首位はキープ。クリスマスを3年連続首位で通過したことになります。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:700円(7ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計1,500円。積立投資拠出金は14,900円。

24試合目(12/28):ウエストブロム (プレミアリーグ)

昇格組ウエストブロムとの一戦。相手が昇格組かつリヴァプールのホーム試合ということもあり、試合前はもっと楽な展開になると思っていました。しかし、試合内容は完全に相手の“守備を固めてロングカウンターで局面を打開する”という術中に完全にハマってしまい、先制後はまともに枠内シュートも打てない状態。攻めあぐねて相手のペースになっているうちに同点に追いつかれてしまい試合終了。らしくないホーム試合でした。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。

前節のクリスタルパレス戦後についにリヴァプール投資用のETFを購入しました!銘柄はVYMです。今後は積立投資拠出金が貯まっていく毎にVYMを買い増していく方針です。

VYM購入で9,353円を要したので、積立投資拠出金は5,547円。

25試合目(12/31):ニューカッスル (プレミアリーグ)

2020年最終戦はアウェイでのニューカッスル戦。ケガからチアゴとシャキリが戻ってきたのは朗報だったのですが、この試合も攻めに攻めあぐねて引き分け。。。今季初の無得点試合でした。2戦連続引き分けということもあり、段々と2位以下との差が縮まりつつあります。

今回は引き分けなので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は5,547円。

1月試合予定

1月はプレミアリーグ5試合、FAカップ1試合の計6試合。リヴァプールホームでのマンチェスターユナイテッドとの一戦やスパーズとの上位対決もあるので楽しみも多いです。また、1月は移籍市場が解禁になるので、他チーム含めどのような補強をするのか見ていきたいですね。

1月も勝利を重ねて、もう1株ぐらいはVYMに投資したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リヴァプール試合結果リヴァプール
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました