2021年1月米国株・ETF運用成績

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年ついに米国株&ETFデビューしました!

これまで様々なETFを調べてきたのですが、いよいよ今年に入って投資をして実践しつつ、毎月の運用成績を報告していこうと思います。

今回は第一回目となる2021年1月の米国株・ETF運用成績を報告していきます。

つみたてNISAの運用成績はこちらで報告していますので、投資信託やつみたてNISAにも興味がある方は是非訪問して頂けるとうれしいです!

2021年1月投資対象

米国株・ETF投資1ヵ月目に選んだのは、

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
  • コカ・コーラ(KO)
  • エクソンモービル(XOM)
  • ファースト・トラスト・NASDAQ ・クリーン・エッジ・クリーン・エナジー・インデックス・ファンドETF (QCLN)
  • インベスコ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)
  • バンガード・米国増配株式ETF(VIG)
  • ンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

の米国株3銘柄、米国ETF4銘柄です。

2021年1月資産状況

米国株・ETF資産総額は121,100円損益は+2,232円でした。

米国株資産状況

グロース株を選んだのではなく、連続増配や高配当をテーマに選んだ3銘柄ということもあり、投資1ヵ月目はいきなりの損益マイナスとなりました。

損益率ベストはエクソンモービル(XOM)の+7.60%で、損益率ワーストはコカ・コーラ(KO)の▲10.45%です。

JNJとXOMは期待以上に株価が伸びたので、損益プラスとなりましたが、KOが想定以上に株価下落してしまった格好です。

米国ETF資産状況

米国ETFはこれまで調べてきたETFのみに投資しています。

損益率ベストはクリーン・エネルギーETF(QCLN)の+20.39%で、損益率ワーストは米国株連続増配ETF(VIG)の▲0.80%です。

バイデン新大統領が掲げるクリーン・エネルギー政策への期待感からクリーン・エネルギーETF(QCLN)がたった1ヵ月で20%近くの損益プラスを叩き出しました。QCLNがクリーン・エネルギーのテーマ型ETFということもあり流行り廃りはあるはずなので出口戦略も考えないといけないですね。

2021年2月投資対象(検討中)

米国株では毎月配当が出るようなポートフォリオを組んでいきたいと考えています。

現在保有している米国株3銘柄の配当月は、

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)・・・3/6/9/12月配当
  • コカ・コーラ(KO)・・・4/7/10/12月配当
  • エクソンモービル(XOM)・・・3/6/9/12月配当

ということもあり、1/4/7/10月配当株と2/5/8/11配当株に投資していく必要があります。

投資対象候補は、

  • シスコ・システムズ(CSCO)・・・1/4/7/10月配当
  • メルク(MRK)・・・1/4/7/10月配当
  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)・・・2/5/8/11配当
  • アッヴィ(ABBV)・・・2/5/8/11配当

です。この7銘柄に投資していけば毎月配当金が得られるポートフォリオがいったん完成します。

MRKとABBV、既に保有しているJNJがヘルスケアセクターということもあり、セクター観点で考えるとポートフォリオのバランスが悪いような気がします。

将来的には米国株10銘柄前後は保有したいと考えているので、投資しながらリバランスについても検討していこうと思います。

今後の投資の仕方

前述の通り、米国株は10銘柄前後保有したあとは、保有している銘柄を毎月ローテーションで購入していこうと思います。

ローテーションについては、今後の報告タイミングで展開していきます。

米国ETFはボーナスやアフィリエイトで余裕が出たらQQQとVIGを買い増していき、VYMはリヴァプール投資の積立金額が投資できるようになったら購入していく方針です。

つみたてNISAのように毎日積み立てていくスタイルではないので、購入するタイミングは迷ってしまいそうになりますが、投資資金が貯まったら確立したポートフォリオにどんどん積み立てていこうと思っています。

来月はどのような運用成果になっているのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
運用成績投資
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました