リヴァプール投資 ~2021年2月試合結果~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リヴァプールが勝つと資金を積み立てて投資していこうという”リヴァプール投資”を始めています。まだ投資対象が決まっていないのですが、積立金は勝利すると貯まっていくシステムなので、1試合ずつ振り返りながら積立金を計算していきます。

リヴァプール投資ルール

基本的にリヴァプールが勝利した場合にのみに投資額を拠出しようと思います。つまり、引き分けたり、負けたりしたら拠出金は0円です。

1試合毎の拠出金は以下の通りにします。

  • 勝利:500円
  • ゴール:100円/1ゴール
  • クリーンシート(無失点):300円
  • ハットトリック:500円/1人

例えば、3対0(ハットトリック有)で勝利した場合、

  • 勝利:500円
  • ゴール:300円(3ゴール)
  • クリーンシート:300円
  • ハットトリック:500円

合計1,600円を勝利後、投資用に拠出していくルールです。

近年、リヴァプールは強くなってきているので、拠出金も結構な額いきそうな気がしています。拠出できるか心配ですが、リヴァプールが勝つのはよいことなのでうれしい悲鳴として捉えていきます。

2021年2月試合結果

1月はプレミアリーグ5試合、チャンピオンズリーグ1試合の計6試合。

33試合目:ブライトン (プレミアリーグ)

2月初戦はホームでのブライトン戦。ホームということもあり、安心しながら観ていたのですが最後まで攻めの形が見い出せず、枠内シュートもたったの一本。。。ブライトンに決められた1点が最後まで重たく敗戦。先月のバーンリー戦に続きホーム2連敗。なおかつホーム3戦連続の無得点。らしくない戦いが続きますね。

今回は負けたので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は8,047円。

34試合目:マンチェスターシティ (プレミアリーグ)

マンチェスターシティとの大一番。優勝争いに残るためにも、トップ4争いに優位に立つためにも負けたくはない一戦でした。GKアリソンの珍しい連続ミスが響き大量失点。プレミアリーグ2連敗、ホーム3連敗と完全に負のスパイラルに入ってしまったような印象です。

今回は負けたので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は8,047円。

35試合目:レスターシティ (プレミアリーグ)

トップ4圏内を争うレスターシティとの一戦。先制点含め試合内容自体は全く悪くはなかったのですが、78分の相手の同点ゴールから完全に流れが変わってしまい立て続けに3失点。。。これでプレミアリーグ3連敗です。

今回は負けたので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は8,047円。

36試合目:RBライプツィヒ (チャンピオンズリーグ)

プレミアリーグ3連敗中と大絶不調中のリヴァプールが対戦するのはドイツ・ブンデスリーガ2位のRBライプツィヒ。正直なところ、負けても不思議ではない相手でしたが、相手DFのミスにも助けられアウェイ扱いのこの試合で貴重なアウェイゴール2つの勝利。2月初勝利がまさかチャンピオンズリーグになるとは思っていませんでした。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:200円(2ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計1,000円。積立投資拠出金は9,047円。

37試合目:エヴァートン(プレミアリーグ)

ホームでのマージーサイドダービーとなった一戦。2月初勝利のRBライプツィヒ戦の勢いそのままにプレミアリーグ4連敗は阻止したい相手でしたが、開始早々に先制され、なかなか追いつけないまま後半終了間際に追加点を許し、そのまま試合終了。プレミアリーグ4連敗。ホーム4連敗とあれほど強かったホームで勝てない事態となっています。

今回は負けたので投資拠出金は0円。積立投資拠出金は9,047円。

38試合目:シェフィールドユナイテッド (プレミアリーグ)

プレミアリーグ4連敗。。。プレミアリーグ2月未勝利。。。何としてでも勝ちたかった一戦。この試合は相手GKの連続スーパーセーブがあり、なかなか得点できない状況が続きました。この試合も攻めあぐねて、相手にゴールを許してしまう展開になるかと思いきや、後半早々のカーティス・ジョーンズによるゴールで久々の得点があり、そのまま試合を支配。追加点もあり、プレミアリーグ5連敗はなんとか免れた形です。

さて、投資拠出金ですが、

  • 勝利:500円
  • ゴール:200円(2ゴール)
  • クリーンシート:300円

で合計1,000円。積立投資拠出金は10,047円。

2021年2月時点順位表(プレミアリーグ)

2021年2月時点での順位は以下の通り。

プレミアリーグ4連敗もあり暫定6位です。マンチェスターシティの完全独走状態となったので、トップ4争いに専念せざるを得ないですね。トップ4達成すら心配になるレベルでのホーム戦の不調、攻撃陣の停滞。3月もハラハラしながらの観戦が続きそうです。

2021年3月試合予定

3月はプレミアリーグ3試合、UEFAチャンピオンズリーグ1試合の計4試合です。

チェルシーとのトップ4争いの試合やチャンピオンズリーグの準々決勝進出に向けた試合など試合数は少ないものの重要度の高い試合は多いですね。

ウルヴス戦が終われば半月程度間隔が空くので、この間にケガ人復帰してくれるとよいのですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リヴァプール試合結果リヴァプール
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました