【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(全世界)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

2021年4月14日現在、私が保有しているETF銘柄は

  • VIG(バンガード・米国増配株式ETF)
  • VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)
  • QCLN(ファースト・トラスト・NASDAQクリーン・エッジ・グリーン・エナジー・インデックスファンド)
  • QQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)
  • DGRW(ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンドETF)
  • SPYD(PDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)

の6つのETF銘柄を保有しています。

今回調べるのはバンガードETFのうち、全世界株式を対象にしたVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)です。

バンガードETFは手数料が安く、コンセプトも分かりやすいものが多いので、米国ETF初心者が投資対象にしやすい銘柄が揃っていると思います。

前述の通り、わたしもバンガードETFのうち、

  • VIG(バンガード・米国増配株式ETF)
  • VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

の2銘柄を保有しています。

VIGとVYMについては以前どのような銘柄なのか調べてみましたので、気になる方はこちらも参考にしてみてください!

VTとは?

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF / Vanguard Total World Stock Index Fund ETF)は、米国を含む全世界の先進国株式および新興国株式を投資対象とし、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動した投資成果を目指している銘柄です。

約50か国の先進国株式および新興国株式の約8000銘柄を対象にしているためこのETF一本で分散投資が可能です。

2021年3月31日時点の構成銘柄上位10銘柄は、

Stock NameWeight
Apple Inc.2.7%
Microsoft Corp.2.5%
Amazon.com Inc.1.9%
Alphabet Inc.1.7%
Facebook Inc.1.0%
Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.0.7%
Tesla Inc.0.7%
Berkshire Hathaway Inc.0.7%
JPMorgan Chase & Co.0.7%
Tencent Holdings Ltd.0.6%

といった構成で、10銘柄の構成比率は13.2%です。

国別構成比率も見ていきます。

CountryWeight
United States57.1%
Japan7.0%
China4.5%
United Kingdom4.1%
Canada2.7%
France2.6%
Germany2.4%
Switzerland2.3%
Australia2.0%
Taiwan2.0%

約50か国で構成されるVTですが、上位10か国だけで86.7%を占めています。

米国株比率57%ということからもわかる通り、全世界株式ではありつつも結局半分以上は米国株です。

ここ1年の株価の推移(2021年4月16日現在)ですが、コロナウイルスショック以降は1次関数的に上昇しています。

運用成績

VTの運用成績も見ていきます。比較対象としてVYM(高配当ETF)とVIG(連続増配ETF)を挙げています。

VTトータルリターン

VTの3か月・1年・3年・5年のトータルリターンは以下の通りです(2021年4月16日現在)。

VTVYMVIG
経費率0.08%0.06%0.06%
3か月トータルリターン8.29%9.50%8.48%
1年トータルリターン52.29%37.70%36.06%
3年トータルリターン13.47%10.93%16.81%
5年トータルリターン14.34%11.65%15.42%
株価 (USD)101.83103.58153.08
総資産額 (十億USD)20.3936.70758.581

VYM・VIGと比較したときに特筆すべきは、VTの1年トータルリターンが52.29%と一番高いことがわかります。

3年・5年トータルリターンを見ても10%以上のトータルリターンが見込めるETFとなっています。

VT配当金

VTのここ5年の配当金推移は以下の通りです。

YearVTVYMVIG
20161.4562.2061.826
20171.5652.4011.919
20181.6582.6492.038
20191.8782.8422.134
20201.5352.9062.297

2016~2019年は増配を続けていたのですが、2020年は減配となりました。

直近の配当金は、2021年3月配当の0.2531USD/1株です。

VTVYMVIG
直近配当額(USD)0.25310.65640.5131
直近配当利回り0.99%2.53%1.34%
株価 (USD)101.83103.58153.08

配当利回りについては、VTが一番低く1%を下回っています。

また、配当月は3月、6月、9月、12月の4回です。

まとめ

今回は、全世界株式を対象としたバンガードETFのVTについて調べていきました。

  • 約50か国の先進国株式および新興国株式の約8000銘柄で構成
  • 配当月は3月、6月、9月、12月の計4回
  • 上位10銘柄比率は13.2%
  • 上位10か国比率は86.7%で、米国株比率は57.1%
  • 直近1年のトータルリターンは52.29%
  • 経費率0.08%
  • 直近配当利回り(税込)0.99%

全世界株式を対象としてはいますが、半分以上が米国株のETFであることがわかりました。

上位構成銘柄には、TSMC(台湾)やテンセント(中国)といった勢いのある非米国企業もあるので、米国企業を主体としたいけど、好調な非米国企業にも投資したい人にはVTが合っていそうですね。

トータルリターンを見ても基本10%プラスは見込めそうなので、決して悪いETFではないという印象です。

これから投資を始めようと思う人、これからETFを始める人にとってこの記事が参考になればうれしいです!

最後に、投資信託は金融商品であり、リスクのある商品です。投資判断は自己責任で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資ETF
スポンサーリンク
すかうすをフォローする
楽天!リヴァプール!投資!なブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました